日本で最もうつくしい村

【8/4時点】新型コロナウイルス感染症関連

対応方針

【8/4(火)16:00時点】
岡山県内に感染者が確認されている(通称:レベル2)ため、
住民の方は下記の内容を基本に行動してください。

〇感染地域に限定しない共通事項
1 外出から帰宅した場合は手洗い・うがいと手指のアルコール消毒の励行。
2 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状の
  いずれかがある場合、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合は、
  真庭保健所又は、役場住民福祉課に連絡を行い、適切な指示をあおぐ。

〇岡山県内に感染者が確認された場合(通称:レベル2)
1 咳症状のある方、混み合った場所(特に屋内や乗り物など換気の不十分な場所)
  に行く際は原則マスク着用。
2 多数の人が集まるイベント(飲食含)等への参加自粛。

対応方針は下記の通りです。

新型コロナウイルス感染症対策の対応方針(8/4変更)(PDF)

村民対象の感染症対策を行っています

①4/14(火) 村民一人あたり不織布マスク2枚を世帯ごとに順次配布しました。
②保育園~中学生までの子ども一人あたり不織布マスク5枚を
 村として確保し、保育園・小学校・中学校のそれぞれに配布しました。
  ・4/22(水)、保育園を通じて園児一人当たり2枚の不織布マスクを配布します。
   一人あたり3枚のマスクは園内で保管、必要に応じて園内で利用します。
  ・4/22(水)、小、中学校を通じて文部科学省から配布された布マスク1枚と合わせて
   不織布マスク2枚を児童生徒に配布します。
   一人あたり3枚の不織布マスクは校舎内で保管、必要に応じて学校内で利用します。
③4/16(木) 感染症総合対策窓口を総務企画課に設置しました。
 相談のある方は総務企画課(0867-56-2626)にお電話ください。
④5/7(木)  村民一人あたり不織布マスク2枚を世帯ごとに順次配布しました(2回目)。
⑤5/11(月) 保育園児・小学校児童・中学校生徒に一人5枚のマスクを園・学校を通じて
 配付しました。
⑥5/20(火) 村民一人当たり400mlのアルコールを配布しました。
⑦6/8(月)村独自の経済対策として、
・村民一人当たり5万円の給付金の申請書
・村民一人当たり1万円の事業者支援目的の商品券
を発送しました。

新型コロナウイルス受診相談相談センター(24時間対応)

次の症状がある方は「新型コロナウイルス受診相談センター」または
新庄村役場住民福祉課にご相談ください。

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
※⾼齢者や基礎疾患等のある方で、上記の状態が2日程度続く場合は、
 かかりつけ医にご相談ください。

真庭保健所(新庄村を所管地域とする新型コロナウイルス受診相談センター)
 電話番号 0867-44-2990 / Fax番号  0867-44-2917
※センターでのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、
 専門の「帰国者・接触者外来」が紹介されます。

新庄村役場住民福祉課
 電話番号 0867-56-2646
 

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口(一般相談)

岡山県電話相談窓口
 受付時間 9時00分~21時00分(平日)、9時00分~17時00分(土日祝日)
 電話 086-226-7877 / FAX 086-225-7283

厚生労働省電話相談窓口
 受付時間 9時00分~21時00分
 電話 0120-565653

新型コロナウイルス感染症に関する国・県の情報

厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

岡山県 保健福祉部健康推進課
https://www.pref.okayama.jp/page/645925.html

上へ戻ります